日本語の音の秘密と名付けについて

名付けに役立つ話と日本語の音の秘密を書いていきます。表題の太陽系の図はfreepikより。

卓球 世界選手権 日本女子

卓球の世界選手権で、日本の女子が王者中国をあと一歩のところまで追い詰めました。

次のオリンピックまでの成長が楽しみです。

 

卓球は特に相手との距離が短く、ラリーのスピードたるや、身体が反応するスピードに感心します。

 

今回の日本チーム、「はやた ひな」「はりもと みわ」「ひらの みう」

「いとう みま」「きはら みう」の5人の選手でした。(ちなみに6番手は「ながさき みゅう」選手)

 

音の世界で見ると、全員が名前の始まりが(I)行で始まります。「ひ み み み み」

(I)(い)行は集中の音、(A)(あ)の縦方向が潰れて横方向に広がる)です。この音を5人全員が名前に持ってます。

(H)音は時間に関係すると説明しましたが、5人のうち4人が持ってます。

早田ひなさんは名前にも名字にも(H)音があり、おそらく彼女の中では独特の時間が流れていると思います。

活動のR音も5人中3人が持ってます。

伊藤美誠さんと平野美宇さんは名前も苗字も(I)行で、集中力の固まりです(^^)

 

もう一つ付け加えるならば、この5人の名前と苗字は始まりの音が「A」(あ行)と「I」(い行)の2つだけです。全体の相性としても、とても良い関係だったと思います。個人競技ではありますが、チームのみんながお互いに見えないエネルギーを交歓できる関係です。

チームのアットホームな雰囲気はそのためです。

オリンピックでも感動を与えて欲しいと願います。

 

この女子卓球チームの関係は皆さんの職場でも言える事で、力を合わせられる職場か(エネルギーの交歓が出来るか)その反対か(エネルギーがぶつかり消耗する)は仕事の効率や意欲の面でも大きな要素になります。

 

もう一つ日本チームで興味深かったのは、このブログの始めの頃にお話しした、人間の手の5本指の関係がありました。

ネットではいろいろ言われました(ネットの意見はろくなもんじゃないのが多いです)が、伊藤美誠選手が椅子に座ったまま落ち着いて応援していました。

残りの3人は得点のたびに椅子から立ち上がってました。当然選手も立ってます。

 

伊藤選手が親指、残りの選手が他の4本の指、片手で襲いかかるような形ができてました(本人たちは無意識ですが、相性の良さがなせるわざです)

 

政治の世界(国民の生きるエネルギーを減衰させてばかりの吸血鬼状態)や芸能界の暗い話題が多いなか、明るい話題を与えてくれた5人の彼女たちに感謝です。

見事な「やまとなでしこ」でした。

ありがとうございました。

 

本日も最後までお読みいただいてありがとうございます。

 

 

 

言葉の前の世界。小澤征爾さんの話も

約15万年前に言葉が、約6千年前に文字ができたと言われています。

 

言葉ができる前は、コミュニケーションはどのように行われたのでしょうか?

 

身振り手振りなどの仕草でしょうか。

目や表情で語ったのでしょうか。

それともテレパシー的なものがあったのでしょうか。

 

先日、テレビで指揮者の故小澤征爾さんの追悼の演奏会を見ました。何十人もの奏者がまるで一つの細胞のように、小澤征爾さんのタクトに合わせて反応していきます。

私の空手の師が演奏中の一流の指揮者の手を掴むとたちどころに投げられてしまうぞとおっしゃっていました。身体が完全に統一された状態になっているとの事。

 

以心伝心という言葉がありますが、人間には、もともと言葉以前に感じる能力があるのだと思います。

 

阪神大震災の直後、神戸元気村を立ち上げ被災者が最後の一人になるまで食事などの支援を続けた山田和尚さん(通称バウさん、故人)という方は、もともとカヌーの指導者ですが、川の水に指をつけた時に、この先に滝があるとか、危険な場所があるとか察知できるとおっしゃってました。足の裏で地下水や温泉のありかを探せる方もいます。

昔は、天気予報はテレビを見るよりも地元の漁師さんに聞く方が当たってました。

 

私たちは便利になりすぎるのと反比例して、元々の能力を退化させているのだなと感じます。これからはAI(アイではなくエーアイ、音の理論で言うと死の世界に属します)の時代、人間が本来持っている感覚そのものがますます退化していくかも知れません。

 

音の話に戻すと、小澤征爾(OZAWA  SEIZI)さんはS音とそれに濁音がついたZ音が、6つの音の中の半分を占めています。超がつくほどの繊細な感性の次元をお持ちの方でした。

音楽は言葉の世界とは違いますが、心が一つになった音楽の世界の素晴らしさに圧倒されました。見事に楽団の方々の動きが調和しています。

 

調和といえば、人の名前にも調和、不調和があります。音楽の和音と同じです。

名前を音に変えてお聞かせできればと思い、音楽の出来る方との出会いを探しています。日本語の音のビジュアル化については、すでに感性の良い方に出会えました。

いろんな能力の方が、さまざまな角度で日本語の素晴らしさの表現に協力していただくので、日本人の祖先の皆様も応援してくださると信じています。

 

日本に住む、諸外国の方にもお伝えしたい世界です。このブログでは日本語を中心に書いていますが、音の質という点では、その人間に与える影響は同じです。

日本国籍を取得して、日本の名前に変える時はぜひ、役立つ(YAKUDATU)名前の音を選んでいただきたいと思います。

 

本日も最後までお読みいただいてありがとうございます。

「さずかる」(SAZUKARU)

万葉集山上憶良の歌に

「しろかねも くがねもたまも

なにせむに まされるたから(宝)

こ(子)にしかめやも」

訳:銀も金も宝石もどれほどの価値があるだろう。それらにまさるものが子どもなのだ。

という歌があります。

 

子供は天の神様からの「さずかりもの」と言われて来ました。

「さずかり」(SAZUKARI)とは「あずかり」(AZUKARI)の最初に、心の「S」が入ります。

つまり、子供とは心(S)を込めて「あずかる」存在です。

 

想像してください。万葉の時代を。現代の文明の利器は何もない時代。電気も冷蔵庫も車も電車もスマホも何もない。

その時代の人達にとって子供を授かる事は、人生の大きな(もしかしたら最大の)喜びの出来事だったと思います。

子どもの預け主は天の神様と言われますが、預かった以上、親は責任を持って養い(YASINAI)、育くみ(HAGUKUMI)、そして巣立ち(SUDATI)させなければいけない。

 

当時の人々の人生において、子育てにかける思いの強さは想像に絶します。

何もなかったから、余計に大事さがわかっていたのでしょう。だからこそ憶良の歌は今の時代まで伝えられてきたと思います。

 

かつて、我が家で犬を飼っていました。わりと若くして病気で亡くなりました。

亡くなって5年ほど経ちますが、いまだにその悲しみは消えません。ペットといえども愛らしさは子どもと同じです。(時にはそれ以上です。)

今でも同じ犬種(ミニチュアシュナウザー)を散歩させている姿を見ると悲しくも癒されます。

 

かつて、有名な作家が結婚式のお祝いのスピーチで「親が死に そして子が死に 孫が死に」と詩を詠んで、結婚式で「死に」という忌み嫌われる言葉を使って場内が静まり返ったという話を聞いた事があります。

これは、とても深い愛に満ちた歌だと思います。自分の子どもが先に亡くなるほど悲しい事はありません(私は長女をたった1日で亡くしました)

 

それを思えば、先の大戦で、お国のためとはいえ、出征して親よりも早く亡くなった若い方々のおかげで、今の私たちの国や生活があることを思うと言葉になりません。ましてや、わが子が亡くなったという電報を受け取った親のショックは、いかばかりだったでしょうか。

 

その若者たちを出征させる命令書を、当時「赤紙」(あかがみ)(AKAGAMI)と呼んでました。この(AKAGAMI)という音は、まさに「あ」行の音が3つ重なり(AKAGA)、「み」(MI)(人生の完成の次元)に至る。

つまり、天(AMA)からの死の宣告の働きがあります。

もしかしたら、どなたかが、日本語の音の働きを知っていたのかもしれませんが、私ならこのような音は使えません。

死への通知にこの「あかがみ」という音を使った事に怒りと悲しみが込み上げます。誰しも死にたくはないのです。

 

今の私たちは尊い命の犠牲のおかげで、今日も生きながらえています。

以前申し上げたように、未来はまだ太陽の光が届いてない闇の世界です。

未来の子どもたちのためにとよく言われますが、日本語の音の理論では、過去(自分の子供の時代)を大事にする事が、子どもたちの将来を守る事になります。

そして、同じように私たちの日本語(訓読みの世界)も過去の存在である私たちの祖先たちが必死の思いで、守り、伝えて来たものです。

 

師から教わり、伝えるきっかけをいただいた以上は、このブログをお読みいただいている方々には、日本語の秘密を伝えていこうと思います。

 

※このブログに出てきた言葉は、できれば声に出してその音を耳に入れて(脳に入れて)いただいた方が、音への感覚が磨かれると思います。スマホを見る人が多いので、目だけで言葉を見る人が多いと思います。

 

本日も最後までお読みいただいてありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

閑話休題「型は美しく 技は心で」

本日は天皇誕生日です。

歴代の天皇の誕生日が全て記念日になれば、125日の祝日が増えます(^^)

 

表題の「型は美しく技は心で」という言葉は、私が学んでいた武術(空手)の流派の開祖の言葉です。

この「美しく」というのは、例えば盆栽の松ではなく、岸壁に立つ松の美しさの事。そして、技は力に頼るのではなく、心で出しなさいというもの。

言葉では簡単ですが、これを身体のレベルまで落とし込むのは至難の業です。

 

私はもともと、武術の才能に恵まれず、

高校時代も、大学時代も、先輩方からお前は身長も低く、手足も短く、視力も悪い、だから他の道を探した方が良いと何度も言われました。

素直な性格なら、先輩方の言葉を受けて他の道(大学の学部の中に身体障害者学があり福祉に興味がありました)を探すのですが、本当に自分は才能がないのか試してみたいと思いました。

 

それからというもの、他の部員の何倍も稽古をしました。部屋に帰っても武術の本を読み、他のスポーツの身体の使い方を研究し、夏休みは18歳で世界選手権の代表に選ばれた地元の先輩の胸を借りて(当然、何本も骨は折れました)稽古。

観戦に行った大会で、何年も連続して世界チャンピオンになった方を見かけたら、すぐそばに駆け寄り、会話する時の言葉の状態や、トイレに行くとその仕草(周りにどれくらいの気を配って動いているか)や、私と体型が近い有名選手を見かけてはその動きや身体の研究をしていました。

 

おかげで、1年生の後半にはレギュラーになり、将来も空手でメシを食うような、ほとんどプロに近い他校の有名選手と戦う事ができました。

 

そこで、思ったのは、人間は才能がなくても、信念を持って徹底して取り組んだら、超一流にはならなくても、一流にはなれるという事でした。「超」のつく方は、いわゆる生まれ持っての資質のある方です。

大事なのは「超」まで行かなくても、そこを目指して取り組む事でした。

よく「乗り越えられない壁は来ない」というスピリチュアル系の方がいますが、私は乗り越えられない壁は来ると思います。

ただ、まずは乗り越えようとしてみないと本当のところは分かりません。

才能がないからこそ乗り越えようとするチャンスは与えられます。

「百聞は一見にしかず」と言いますが、

私は「百見は一触にしかず」と教わりました。表題の言葉を教えて下さった方(故人)の承継者はNHKの番組でも現代の武蔵として紹介された文武両道の達人です。

 

ある時期、この達人が九州に指導に来られた時に、私がこの達人に稽古台で技を出す役をしていました。

そこには空手5段以上の方が40人ほどいました。

 

これこそ「一触」で、身体で味わったものしか分かりません。一度、その達人になぜ私が指名されたか伺ったところ、「お前が一番俺の技を味わいたいと思っただろう?20歳代の時にいい稽古してたな、今お前に必要なのは経済力だな」初めての出会いと手合わせで、そこまで読まれていました。

達人にはおいそれと近づくものではありません(^^)

 

大学時代に、歴史上の武術家はどんな動きでどんな技を使ったのか興味がありましたが、この達人にすべて見せていただきました。達人は達人を知るというやつです。どの道を進むのであれ、道を極める事は素晴らしいです。

 

今、私は誰も気づかない達人を探すのが好きです。ごくごく普通に見える方の中にすごいなぁと感じる人がいます。

それは大人、子供、肩書、金持ち、貧乏一切関係ない世界です。

最近は、今、住んでいる家の隣の土地(造成されて今から家が立ちます)の中に、ポツンと咲いている黄色い花があって、その花を見ると、誰も植えていない、誰も見ていないのに咲いているその姿に、頭が下がります。「お前は偉いな〜、誰も期待してないのに美しく咲いてる」

 

本日は日本語の音の世界ではありませんが、取り止めのない話を読んでいただきありがとうございます。

 

人生、山(YAMA)あり谷(TANI)あり

人生、山あり谷ありと言います。

 

一般的には「山」が人生の登り調子、「谷」が下り坂のような捉え方をされていると思います。

 

音の世界で解説すると、「やま」(YAMA)は確かに登りきって実りをもたらす次元を表します。

そこには、母親(Y音)が子供を包むような無償の愛があります。

 

一方で、「たに」(TANI)という音の働きは人生の下り坂ではありません。

この音は、上(A)から下(I)に降りていく音の次元ではありますが、その過程は(AI)に包まれています。何の澱みもありません。

「やま」の愛がY音の母親的な愛なのに対して、「たに」の愛はT音の父親的な愛になります。

ライオンが崖から我が子を落として鍛えるという話があります。まさに、私達は人生の谷の時にこそ鍛えられます。さまざまな体験から学び、謙虚さや素直さの必要性を知ります。また、感謝の気持ちを知る事ができます。

「たに」(TANI)は父親的な愛に背中を押されて、下に向かって自分の足で走りながら、T音の創造的な力を発揮する時でもあります。

 

つまり、「人生山あり谷あり」の

「谷」の時とは悲しむべき時ではなく、私達が、力をたがやし、能力を発揮する成長の機会です。

もちろんT音の孤独な世界もあるので、一人静かに取り組む時間が必要です。

 

その意味では、人生は登りも下りも、それぞれに愛に包まれているという、人生を祝う言葉、

それが「人生、山あり谷あり」だと、日本語の訓読みの世界は表しています。

日本語(訓読み)を作って、残してくれた祖先に改めて感謝します。

 

本日も最後までお読みいただいてありがとうございます。

 

 

詐欺(さぎ)(SAGI)はなくならない

このブログは40年前に師から教わった相対性三次元理論に基づいて分かりやすく書いて(いるつもり)ます。

 

かつての大泥棒、石川五右衛門の辞世の句に

「石川や 浜の真砂は 尽きるとも 世に盗人の 種は尽きまじ」

というものがあります。

 

盗む(ぬすむ)(NUSUMU)という音はそのまま、人から奪ったものを、地中(Uの世界)に隠して見えないようにする働きです。

 

銀行のATMに行くと、振込詐欺にご注意下さいという掲示がしてあります。

この詐欺(さぎ)(SAGI)という音がずっと気になっています。人を騙してお金を奪う行為を「さぎ」という音で呼ぶならば、それは愛すべき音であり、なくなる事はありません。詐欺に気をつけてと言いながら、頭の中では、(さぎ)は好ましい音として捉えてしまいます。

 

日本語の訓読みの世界が音読みの導入のために乱れたために起きた害になります。

「さぎ」という音ではなく、「うそ」という音なら、その行為を行なう人間がやましさを感じやすいと思います。

「詐欺」撲滅したい側が「さぎ」を奨励している状態です。

『うそはやめようよ』の方が音としての働きは正しいです。

 

このブログで話しているのは、なかなか理解していただけない無の世界の話ですが、頭で理屈で考えるのではなく、感覚で捉えていただければありがたいです。

日本人の皆さんが生まれつき持っている感覚です。

 

「さぎ」の命は長いですが「うそ」(USO)の命は短いものです。「うそ」を消す一番の方法は光を当てる事です。

この場合の光とは、例えば、空気感。

日本には人を欺す事は悪い事だとか、弱いものを助ける事は良い事だ、など、良識と呼ばれる優しさがありました。

今の時代は、それを反対に弱いものを盾にして(利用して)権利を主張する人達が増えています。欲や闇の世界がベースにあります。

 

それでも、私達日本人のDNAの中にあるやっていいこと、いけない事の判断基準の集合体である思いを、空気感を、光に変えて世の中に多く発信する必要があります。

それには、大人が見本を見せるしかありません。バブルでほうけた大人が間違ってました。今も国会議員を始め、国のリーダーの多くが間違ったままです。言葉ではなく姿で見せる。姿と言葉(音)を一致させる事が大事になると思います。

気づいた人から始めるしかありません。

 

そう思いながら、毎日、このブログを書いています。ほんの少しの方でも、分かってくださると次の世代につながるかなと考えています。

今後、というか今、毎日、日本は破壊され続けています。気づいている人も多くいます。このまま破壊が続くと、やがて日本語を奪われる時が来ます。実際に今、世界で言葉を奪われつつある民族がいます。

 

芸能界やスポーツ界のスキャンダルに目や時間を奪われる事なく、日本語の素晴らしさに誇りを持っていただきたいと思います。その誇りを子供達世代に伝えたいと考えています。

 

もし、同じ思いを持たれる方は、どうぞ周りの方にこのブログの存在を教えていただけるとありがたいです。

 

本日も最後までお読みいただいてありがとうございます。

 

再度、3と7の話

先週の事ですが、身内の法事があり、お寺さんに行ってきました。

法事が無事に終わった後、住職の説話で、仏教においては、法事は3と7の数字(3回忌、7回忌、13回忌など)を基本としているとの話があり、勉強になりました。

やはり、生命を扱う世界(自然の世界)は3や7の関係が多いと思いました。

 

我が家は神道ですが、祝詞やお経を聞いていると、それぞれに特徴があり、興味深いものがあります。

個人的なイメージとしては太陽と月の世界を思い浮かべます。

 

手を合わせて、私たちの世代を作ってくれた祖先への感謝は神道も仏教も変わる事はありません。祖先を思い感謝する時に、その祖先は時空を超えて私達の心の中にいてくれます。

 

3と7の世界、日本語で言うと、YとTの世界になります。太陽から3番目の地球、7番目(小惑星群が5番目)の土星です。

50音表と比較すると分かります(これはいつかセミナーや講演できたら詳しく説明します。どなたか主催してください(^^)

 

Y音の功罪については以前も何回か書きましたが、今朝ニュースを見ていたら、関東の方で、児童に対するわいせつ行為で小学校の校長が逮捕されていました。

昨年も学校の校長による歴代の教え子へのわいせつ行為で逮捕者がでました。

お二人とも同じ名前の音を持っています。

このブログは占い口座ではありません、音の次元が人間の脳に与える影響について書いています。

これは音が悪いのではなく、音の質を良い方向に使えなかった事が問題です。

学校の先生なら考える力はあったはずです。知恵や良識で抑えないといけませんが、それだけ日本の風土(お国柄)が乱れてきたのかもしれません。

国の空気感はとても大事です。

 

※本日は108回目の投稿でした。

108は煩悩の数と言われますが、本日の内容とは合っていました。

 

本日も最後までお読みいただいてありがとうございます。